体臭

わきがは欧米では当たり前、日本では悩みの種

投稿日:

体を整える上で密接に関わってくるものとして「体臭」があります。

体臭の中でも特に「わきが」は、わきがの人の中では大きなコンプレックスになりますし、またわきがの臭いによって周りの人も迷惑になるという問題がありますね。

しかし、実はわきがで悩んでいるのは日本人だけで、欧米人の中ではわきがは当たり前なのです。その証拠に、夏場に電車などで外国人と隣り合わせると、強烈なワキガ臭を浴びてしまった経験がある方もいるでしょう。

実際に欧米人の8割はわきが体質と言われていて、「欧米人は体臭が臭い」というイメージがあるでしょうし、だからこそ強い香りのする香水をつけている方が非常に多いのです。

このようにわきが体質の方が多数派を占める欧米では、わきがはむしろ当たり前の状況で、その臭いに悩んでいるというのは聞かない話なのだそうです。わきが持ちではない周りの人も、わきがの臭いを敬遠しないのです。

それに対して日本ではわきが体質の人は人口の1割程度だと言われていて、少ないからこそわきがの臭いが様々な問題を引き起こしているのです。

島国の日本では「周りと違う」という事がマイナスに捉えられる傾向にあり、時にはそれがいじめの対象になってしまいます。ですから、学生時代に嫌な思いをしたわきが持ちの方は少なくないでしょう。

ただ実は、わきがは適切な治療を行えは臭いをとる事ができますし、それを知らずにいつまでも辛い思いをしたり、1人で悶々と悩んでいる事こそが、日本人1人1人にとってはマイナスな状況だと言えるでしょう。

わきがの人種差があるのは歴史的な食生活の差だと考えられていて、欧米人は昔から肉料理が中心で、脂肪やたんぱく質の多い高カロリーの食生活を送ってきました。

これに対して日本人は近年に至るまで魚介類、穀類、豆類、山菜、キノコなどが中心の質素な生活を送ってきました。

こうした食生活の差が、わきの下のアポクリン汗腺と皮脂腺の発達に大きな影響を及ぼしたと考えられているのです。

すなわち、高カロリーの食事をし続けてきた欧米人は、脂質の代謝排出が皮脂腺だけでは追いつかず、アポクリン汗腺がそれを助けるために発達し、結果的にわきがが発生しやすい体が作られたと考えられています。

とすると、今日本でわきが体質を受け継いでいる日本人は、そのご先祖様たちが、とてもリッチな食生活を送っていたとも推測されるのです。

つまり、わきがの臭いを抑えるためには、まずは質素な食生活を心がけるべき事は大前提です。高カロリーな食生活は控えるようにしましょう。

わきが治療薬に関しては、クリアネオという薬を使っておけば消臭効果は期待できるでしょう。

あとは、できるだけこまめに汗を拭いたり、朝も出かける前にシャワーを浴びるなどし、常に自分の体臭を意識してケアする事がわきが集をおさえるための必須条件になってくるのです。

 

-体臭

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした