健康

疲れを取る食材成分イミダゾールジペプチド

投稿日:

2013年にセブンイレブンで発売され、今ではファミマやローソンなどの各種コンビニでも必ず置かれるようになったヒット商品「サラダチキン」があります。

サラダチキンはサラダ等ではなく、低脂肪で高たんぱくな「鳥胸肉」まさしくそのものなのだが、投資制限ダイエットをする方や肉体改造をしている方には、手軽に鳥胸肉を摂取できるから好評なのです。

しかし実は、サラダチキンにはダイエットに向いているお気軽食材という点以外にも、もっと凄い点があったのです。

それは、鳥胸肉に豊富に含まれているイミダゾールジペプチドという最強成分です。

聞きなれない名称かと思いますがイミダゾールジペプチドとは何かというと、動物の中で最も疲労が蓄積しやすく、酷使する部分に含まれている成分の事で、例えば鳥であれば羽を動かすための胸の部分に、魚であれば泳ぐ際に一番動かす事になる尾ひれに近い部分に含まれています。

2003年に大阪市立大学などの専門機関が提携して「抗疲労食品プロジェクト」というものがスタートしたのですが、疲労に効くと言われた23種類の成分を科学的に研究した結果、鳥胸肉に含まれているイミダゾールジペプチドが最も疲労回復につながったのです。

人間の体は疲労すると活性酸素が蓄積するのですが、要するに鳥胸肉に含まれているイミダゾールジペプチドは活性酸素を除去し、疲労を回復させてくれるのです。

1日あたり100グラムの鳥胸肉を食べる生活を2週間も続ければ抗疲労効果が出てくると言われています。

糖質制限&高たんぱくの食事を推奨しているパーソナルトレーニングジムの24/7ワークアウトでも、サラダチキンは推奨されている食品ですし、1日あたり最低でも体重と同じくらいのたんぱく質を摂る事を推奨しています。

鳥胸肉100グラムには24グラムのたんぱく質が含まれていますから、たんぱく質の摂取にコンビ二のサラダチキンは最適ですし、疲労回復効果もあって一石二鳥という事なのです。

日々、なんなく疲労感を感じている方は、もしかしたらたんぱく質不足が原因かもしれません。

西洋化した食事内容で炭水化物の過剰摂取気味になっている方は多いですから、疲れたなと感じた場合は、鳥胸肉などのたんぱく質を意識的に補給するようにしましょう。

-健康
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした