肩凝り 背中の痛み

育児中の肩こりで整体院に通っています

投稿日:

今までデスクワークをしようが、編み物をしようがこりとは無縁だった私も、産後の育児が始まってから全身がガチガチになるほどのこりに悩まされています。中でもがひどいのが肩こりです。特に子どもを抱っこすることが多い左肩は、まるで石が乗っているように重く感じることがありましした。

新生児は約3キロですが、これを毎日、ほとんど休みなく抱っこしているうちに腕がだるく重くなり、肩に痛みが走りました。3か月後には倍の6キロになり、肩こりの症状は徐々に悪化し、そのうち持ち上げるときに腰をやられ、痛みをカバーしているうちに背中まで痛みが出るようになってきました。

しかし、育児は休めません。

産後は母にお世話を手伝ってもらっていたのですが、完全母乳だったため、授乳は休めませんでした。たとえ少し休めたとしても疲労した体のチャージが完了する前に、また疲労蓄積でどんどん症状が悪化していくだけでした。

そんな中、産後の骨盤矯正をしなくてはと思い立ち、子ども連れでも行ける地元で評判のカイロプラクティックで治療することにしました。マタニティや産後の割引があり、1時間4000円ほどで治療を受けることができました。

先生曰く、骨盤だけではなく背骨も歪んでおり、いろいろなところが凝りやすくなっているということでした。というわけで、全身のマッサージを受けたのですが、初回は痛みとの戦いでした。特に肩の筋肉をほぐすときには思わず「いたーい!」と叫んでしまうほどでした。

その治療に耐えた結果、骨盤や背中の歪みなどの症状も改善され、肩の痛みもすっかり緩和されました。その後、4回ほど通いましたが、自宅からはけっこう距離があること、予約制だけど天気が悪いと外出しにくいことから行くのを止めてしまいました。

その後は、腰痛のために通っていた整形外科から処方された痛み止めに頼っていましたが、ママ友から近くの整体院を紹介され、通うようになりました。こちらは先生の治療ウォーターベッドなどのリハビリで30分ほどで600円になります。近所で行きたいときに行けるので週に2回ぐらいのペースで通っていました。時間をかけて蓄積したこりを徐々にほぐしていくことで、だいぶ体が楽になりました。

現在、子どもは12キロほどになりましたが、歩くことが多くなった分、私の体への負担は軽減されています。しかし、育児が終わったわけではないので、肩こりなどの症状はそのうち出てきます。症状が現れた時はすぐに整体院に行って、治療をしてもらうようにしています。

服薬などには昔から抵抗がありましたが、マッサージなどの治療は効果もあるし、周りにもお勧めしたいと思います。

現在は、整体院での治療の他に、痛みの予防策として自宅でストレッチをしています。あとは筋力や体力をつけて、体に疲労が溜まらないように気をつけています。ストレッチも筋トレも例えば子どもを抱っこしてスクワットをしたり、物を取るときの動作を大きくしたり、家事や育児での動作を工夫すれば簡単にできるのでこれからも続けていきたいと思っています。

たまに、2歳になった娘が肩もみをしてくれます。もちろん効果はありませんが、整体院の先生がやっているのを真似しているようでとても嬉しいです。

-肩凝り, 背中の痛み

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ぎっくり背中

ぎっくり背中はとにかく痛いです。

痛かったといえばこれ以上の痛みの経験は今のところない・・・というほどの痛み。それは背中のぎっくり腰?つまりは「ぎっくり背中」です。 忘れもしないあの日、ちゃぶ台をどかそうとかがんで持ち上げようとしたそ …

授乳肩こり腰痛

授乳による首、肩、腰の痛みは女性ならではと思います。

もともと肩が凝りやすく独身時代から悩まされていましたが、特に最近は授乳による肩、腰、首の痛みが酷いです。肩こり、首コリ、腰痛にくわえ、首こりからくる頭痛の症状に悩まされ家事が出来ない日もあります。 出 …

花粉背中の痛み

花粉症が原因で、背中を痛めることに。

私は三年前から、背中の痛みに悩まされています。症状が強く出ていないときでも、慢性的な痛みがあります。 原因は、自分でも信じられないのですが・・花粉症です。慢性的な花粉症に毎年悩まされており、ひどいくし …

板前肩こり

板前修業で頚椎ヘルニア一歩手間までいきました。

私は中学生の頃からすでに肩こりに悩まされていて、肩が張っている感じは常にありました。しかし悩むと言ってもその時は特に痛みはなく、バレーボールの部活中にたまに首すじを攣る、なんか肩や頭が重たいな、と思う …

寝違い首の痛み

重度の首の寝違いをして、一週間床に伏した体験談

私は20代前半まで、ずっと立ち仕事の接客業をしてきました。だんだん体力の限界を感じ、20代後半から、事務職へ転職しました。 ところが、慣れないパソコン業務や人間関係のストレスから、来る日も来る日も体が …